2019年5月17日金曜日

ピョンピョン跳んでた頃


あるパーティで、Yさんと出会った。何年ぶりだろう。

「おう、久しぶり」
「ほんと、元気なの?」

といった具合にすぐにうち解けた。

彼女は身長が160cm以上あり、目がクリッとして愛嬌がある。


その女性は習い始めた頃のサークルにいた。そのころからかなり上手だった。

「ずいぶん、上手になったわね。あのころ、あなたはピョンピョン跳んでたわよ」

赤面するような事を平気で言う。そんな感じだったんだと思う。

私はそのサークルに入って半年もしないうちに事情があって、隣町のサークルに移った。

それから約10年ぶりだったのだ。

そんな彼女が突然どういう訳か講習会にも参加してきた。

私がいることも知っているのにどうしてきたのだろうか?

それで、2回ほど来てから、こんな説明をした。

すでに2つのサークルに入っている。

ひとつはとても気に入っていて抜けられない。

もうひとつは会計をやっていて少なくとも1年間は辞められない。自分がいないとガタガタになっちゃう。

といって、3つ入るのは現実的に無理。続かない。

今回は申し訳ないけど入会できない、というのだった。

そんなこともある。それもこれもダンスの人間関係なのだ。


基本的なこと
社交ダンスの基礎知識

2019年5月10日金曜日

口コミは大事


ダンスを習い始めた時に一緒だった人が偶然我がサークルに見学参加してきた。

一応、中級クラスの講習会、と銘打ってある。

なぜ、来たのか?は不明だが、定着するかもわからないので様子を見ているところ。

女性にしては身長のある方で、私とは何となくしっくりくる。

パーティなどでも踊ったことがある。

以前競技会にも出ていた、という事を聞いたことがあるが、真偽のほどはわからない。

そんなこんなが続いて会員不足で悩んでいたのがここへきて一挙に3~4人増えてきた。

女性はほっといても増えるが男性がいない、少ないという声をあちこちで聞いていた。

いろんな種まきが功を奏してきたのかもしれない。

意外と口コミで来ているのかも知れない。評判・信用というのは大事だ。

まあ、これからも出来ることは何でもやって絶えず、会員数の維持、増加を図っていかないといけないと思うのだ。


基本的なこと
社交ダンスの基礎知識

2019年4月7日日曜日

動画で見ると


ほかのメンバーの人に、自分の動画をとってもらった。

実は、たいへん恐ろしい時間なのだ。

見たくない気持ちもある。

それで、見た感想は。

以前より、良くなっている。

少し姿勢も良くなっている感じもする。

ただやっぱり、

①目線が時々下を向くことがありきれいではない。
②歩幅が大きすぎるので動きがオーバーになっている。

徹底的に「目線」「顔の向き」に注意しよう。
歩幅は、少し小さめに控えめにしよう、と思う。

それと、軸をしっかり保ち、安定感のある踊りを心がける。

筋トレとスクワットを欠かさずに続けていこうと思うのだ。


基本的なこと
社交ダンスの基礎知識

2019年1月13日日曜日

あと5年は踊るつもり

ダンスパーティに行くと、顔見知りができる。

その人は、パーティでもよく見かける。髪の毛は短く、目はギョロリと鋭い。かなり年季を積んだ踊り手で、自信に溢れている。

先日あるパーティで、ちょうど隣合わせた。
私に話しかけてきたのだ。
「あんたいくつ?」
「あんまり答えたくないが、、、」
と答えを濁ししつつ私は、アバウトで返事をした。

すると、
「わたしは、いま80歳。昭和13年生まれだよ。あと5年は踊るつもりなんだ」
「えっ、そうなんですか。それにしても若いですね」

事実その人はがっしりした体躯で力強い。タンゴを踊るときなど迫力がある。
そんな踊りを見ていると、5年どころか10年ぐらい踊っていそうに思える。

「いつもある程度体を動かしていれば、なんとかなるものだよ。しけ込んじゃダメ。そう思わない?」
言われてみてそう思う。

事実、自分の生活の中で筋トレも必要に迫られ始めたし、体を動かすことに興味も失っていない。歩き方や普段の姿勢などにもこだわりがでてきた。

登山家でも高齢であらたな挑戦をしている人や100歳越えの元気な人をテレビなどでみると自分も努力すればある程度までいくのじゃないかとさえ思えてくる。

頭も使い、身体も適度に動かす。多少の刺激がある。だから、ますますダンス熱は高まるのでありました。


基本的なこと
社交ダンスの基礎知識